1つでも当てはまったらクリック!

もしも、あなたが……

不妊治療をもう半年(6ヶ月)以上続けている。

自己流で妊娠出来るヨガやトレーニングをしている。

アキュモード式妊娠術をイマイチ信用出来ていない。

1つでも当てはまったら、こちらをクリック!

ストレスは、妊娠しやすい体質にとって非常に害悪です。

ストレスがあると、女性の体はすぐにホルモンバランスが乱れる作りになっています。
ホルモンバランスが乱れると、生理不順を引き起こしたり、そこまで行かなくても、基礎体温が乱れたりします。

 

基本的に、ストレスを抱えた状態では、妊娠しやすい体質でない方は、更に妊娠しづらいことになります。
ストレスというのは、妊娠には大敵なのです。

 

もしあなたがストレスを自覚していなかったとしても、基礎体温のグラフが乱れていたら要注意です。
基礎体温は女性の健康を表す1つの指標です。もしまだ付けてないという方は、必ず付けて下さい。

 

基礎体温がしっかり2層性になっていて、高温期も十分な期間がある場合であれば、妊娠しやすい体質だと言えます。
基礎体温がしっかりしていれば、妊娠もそれほど難しくありません。ただ、ストレスがあると、基礎体温はすぐ乱れるのです。

 

ストレス、というのは、自覚しづらいのが問題です。
よくある話ですが、不妊治療に掛かっている間はずっと妊娠出来ず、不妊治療をあきらめたら途端妊娠した、という話があります。
これは、不妊治療で医者に通うことがストレスになっているケースだったりします。医者嫌いの方に多く見受けられます。

 

こればかりが全てではありませんが、ストレスというのは目に見えないため、自覚しづらいのが難点です。
ストレスホルモンのコルチゾール、というのがありますが、計測する簡易的な方法はないので、結局自覚が難しいのです。
一番簡易的な方法は、血圧を診ることです。産婦人科に行くと血圧が上がる、というような方は、ストレスを抱えている可能性が大きいです。
白衣性高血圧、なんて言葉もあるくらいで、ドクターの前に出ると緊張してしまう、というような方は、そもそも不妊治療に向いていません。

 

妊娠は、自然のものです。もちろん確率を上げる目的で不妊治療をするのは悪くないですが、妊娠しやすい体質にするのが一番ですから。

1つでも当てはまったらクリック!

もしも、あなたが……

不妊治療をもう半年(6ヶ月)以上続けている。

自己流で妊娠出来るヨガやトレーニングをしている。

アキュモード式妊娠術をイマイチ信用出来ていない。

1つでも当てはまったら、こちらをクリック!

不妊治療のストレスについて記事一覧

病院に対してストレスを感じる方、というのは、結構たくさんおられます。どうしても白衣の方がたくさんいる状況で血圧が上がる、という方は、既にそれはストレスになっています。一概には言えませんが、不妊治療を専門としている病院は、結構厳しい産婦人科医の方が担当されていたりします。そういうドクターを目の前にして、余計緊張してしまう。そうすると、ストレスホルモンが分泌されて、血行が阻害される。血行が阻害されると...

妊娠しやすい体質、というのを考える時、プレッシャーは「あってはならないもの」です。どうしても、お姑さんから「孫はまだかしら」というような事を言われる方は多いです。それは非常に大きなプレッシャーになってしまい、ますます妊娠しやすい体質から離れます。もちろん、お姑さんに悪意は無いパターンの方が多いのですが、けれども、現実問題として、プレッシャーは「悪」です。プレッシャーが掛かると、ストレスホルモンは増...

第2子不妊症というのがあります。第1子の時は何事無く妊娠出来たのに、第2子が授からない状態です。これに対して、不妊治療を考える方がいます。けれどそれは、あまり有益ではないと思います。もし第1子が「奇跡的に」妊娠出来たものであれば、それは確かに不妊治療に掛かるべきかもしれません。けれど、大部分のケースでは、第1子は「普通に」妊娠出来ています。第2子が授からないのは、主にストレスが原因です。ストレスと...