1つでも当てはまったらクリック!

もしも、あなたが……

不妊治療をもう半年(6ヶ月)以上続けている。

自己流で妊娠出来るヨガやトレーニングをしている。

アキュモード式妊娠術をイマイチ信用出来ていない。

1つでも当てはまったら、こちらをクリック!

高齢出産の場合には、どうしてもまずは「環境整備」が先行します。

高齢出産の場合には、まず自分の身体のコンディションを十分妊娠に耐えうるだけのものに「準備する」ことが大切です。
基本は、体力作りが必要です。出産というのは、非常に体力を使います。それが帝王切開であっても、です。
妊娠自体が「体力を新しい命に分け与える行為」ですので、基本的な体力が無いと、相当厳しいです。

 

その上で、高齢出産のケースでは、子宮や卵巣という諸臓器が、ある程度加齢によって弱っています。
その臓器の弱りをリカバリー(回復)してあげないと、妊娠という喜ばしい出来ごとには、辿り着きません。
高齢出産だからと言って、不妊症気味なのは当然と考えるのは早合点です。けれど、傾向としてそういうのはあります。

 

しっかりと対策・準備をすれば、高齢出産であっても妊娠・出産は十分可能です。
あなたの妊娠・出産計画が上手く行くことを祈っています。

1つでも当てはまったらクリック!

もしも、あなたが……

不妊治療をもう半年(6ヶ月)以上続けている。

自己流で妊娠出来るヨガやトレーニングをしている。

アキュモード式妊娠術をイマイチ信用出来ていない。

1つでも当てはまったら、こちらをクリック!

高齢出産でも妊娠しやすい体質になるには記事一覧

基本的に、医学的な定義というのが現状をバッチリ当てているケースというのは少ないのですが、妊娠に関しては、医学的定義は結構当たっている、というのが事実です。女性の生殖機能は、35歳までは比較的「維持」されますが、それ以降は「劣化」していく傾向にあります。ですから、35歳以上は高齢出産として別扱いしているのです。まず、35歳を越えると、体力的にも妊娠に耐えられるか、人によっては微妙になってきます。既に...

40歳以上の高齢出産で、なおかつ初産となると、実は不妊症の問題とは別に、出産が無事出来るか、という問題が生じます。基本的に出産は、若い人の方が「自然に」出来ます。これは分娩法の話ではなく、出産まで「自然に辿り着けるか」という話です。40歳以上の高齢出産になると、妊娠する事自体が健康上のリスクになります。例えば、妊娠高血圧などの症状は、高齢出産になればなるほど出やすいことが知られています。妊娠糖尿病...